記事一覧

コンタクト

 今日はコンタクトの練習をしました。まずいつもどおりのアップをしてから、2人1組で、寝た状態から“シックス”にダウンボールする練習をしました。1人が足を押さえておき、ボールキャリアはボールを体で隠しながら上半身をひねって少しでも遠くにダウンボールをするのを繰り返します。
 次に1対1でボールキャリアがタックラーにからまれている状態から相手を押し込んで、タックラーの腕を切ってスリップダウンしてからダウンボールする練習をしました。ボールキャリアは腰を低く落とした1番強い姿勢で相手を4歩以上押し込みます。相手の腕を切るためにはまず足の裏をすべて使ってパワーフットをし、踏み込んだ方の足のヒザに向かってしっかり肩を入れていくことが大切です。前回のブレイクダウンの練習の時と同じで、ディフェンスは相手が寝た瞬間にボールの真上を乗り越えていきます。
 次にディフェンスがボールを乗り越えていく意識を強くするため、ダウンボールした所にコンタクトバッグを1人つけました。ディフェンスは特に素早いリアクションでコンタクトバッグをオーバーするように意識しました。だいぶ慣れてきたところで、ボールキャリアを最初から押し込むサポートを1人つけて2対1にしました。アタック側はキャリアをオーバーする時には、しっかり重心を押すように意識しました。そしてキャリアが寝てからは、乗り越えてこようとするディフェンスとしっかりファイトをしました。
 最後に当たる練習をしました。今までやってきた1対1の当たる姿勢の練習を、そのままコンタクトマシーンに走り込みながらやりました。しっかり足を踏みこんで下半身でタックルマシーンの芯に当たるように意識しました。最初はただ走ってぶつかっしまうのが目立ちましたが、やっていく内に大きく足を出して激しく当たることができていました。
 グランドでの練習だけでなく、毎日寮で筋トレなどを頑張っている部員は沢山います。大きなケガをしないように、これから各自で毎日ストレッチもして筋肉の柔軟性も身につけようということになりました。(川)