記事一覧

コンタクト

 今日は監督の「今日の練習をしっかりやったら明日は練習を休みにしよか」という言葉によりいつも以上に部員たちの目が輝いて練習が始まりました。いつものアップをしてから、あたる姿勢の確認を2人1組でしました。そして、ブレイクダウンの練習をしていきました。からまれた状態からの1対1,当たってからからまれる1対1,ボールキャリアの重心を押し込むサポートをつけた2対1をしていきました。それに加えてAT2人、DF1人でリアクションの練習をしました。DFは膝をついた状態から、走りこんで来たボールキャリアにタックルします。AT側のもう1人はタックルされたボールキャリアがダウンボールしたボールをピックアップして前に走り、タックルされて倒れていたプレーヤーはすぐに起きて味方のサポートに行きます。1人目にタックルしたDFもすぐに起き上って、ピックアップした相手にもう1度タックルにいきます。3人ともがリアクションをいかに速くするかが重要です。特にDFが2人目にタックルできるかは、いかに速く起き上ってくるかにかかっています。それぞれがどうすれば速く起き上れるかを工夫していて、2人目にしっかりタックルできる場面も多々ありました。
 最後に4対4で連続したDFのセットと前に出る練習をしました。10mほどの横幅の中でSHを入れたアタック4人に対して、DF4人がしっかりノミネートをしながらSHがボールを触った瞬間にトップスピードで押し上げます。ボールキャリアにはある程度の強さでタックルに入り倒します。倒されたボールキャリアはシックスにしっかりダウンボールし、DFはボールキャリアの倒れてる場所を基準にしてポストを両側に必ず立つようにしました。そしてSHのパスでまたアップして相手を倒し、セット、アップ、相手を倒す、セット、・・・を繰り返し、どんどん相手を後ろに下げていきます。DFは前にトップで上がってタックルすることが大切なのは勿論ですが、それに加えてポイントができたら自分の役割を瞬時に判断し、相手をノミネートして、オフサイドにならないように横もそろえながら、SHがボールを触る瞬間をしっかり見るなどやらなければいけないことが沢山あります。連続した動きの中でやるのはとても難しく、3次攻撃あたりでノミネートミスなどからラインブレイクされてしまうことがありました。繰り返していく中で、だんだん慣れてきてしっかりノミネートして前に上がれるようになってきました。
 しっかり練習できたので、明日は練習が休みです。監督から「ここ数日続いた激しいトレーニングの後に体を休めることはとても大切で、それはただの休みではなく“積極的休養”といって筋肉が超回復するために必要なものである。ただし、せっかくの練習が休み日の翌日も風邪などで練習を休んでしまうと2日間も休むことになってしまう、それはもったいない。しっかり明後日にはみんな元気に練習できるようにしよう」という話がありました。明日はしっかり休んで、明後日からまたがんばっていきましょう。(川)