記事一覧

紅白戦

 今日はAチームは昨日の試合の反省練習をユニット・個人で考えてやっていきました。
 B・Cチームは25分ハーフの紅白戦をしました。力が均等になるように、ポジションと学年でふりわけたチーム分けをしました。即席チームに求めるのは“ボールを持ったら前に行くこと”と“タックルすること”です。1年生にとっては25分ハーフで試合をするのが初めてで、どこまでできるのか楽しみでした。
 試合が始まると、両チームとも激しい攻防でとても盛り上がりました。試合の中でDF・ATともにポジショニングなどを自分たちでどんどん修正しながら、後半に入るとタックルや当たる瞬間のスピードやドライブしようとする動きがより高まりました。1年生も先輩相手に果敢にチャレンジして、随所にいいタックルやボールを持って前進するプレーがありました。2,3年生はアングルチェンジや低いタックルなど、さすが上級生というプレーをしていました。試合後は反省練習を個人でして今日の練習は終わりました。(川)