記事一覧

チーム&ユニット

 昨日は6限後にてをどりまなびがあったため、いつもより短い練習時間でしたが、学校グランドで短期集中で良い練習ができました。今日は晴れていたもののなかなか寒かったのですが、選手は一生懸命がんばっていました。

<メニュー>
①セルフアップ
②A対BのAD
③ユニット(FW:スクラム・ラインアウト・リモール、BK:ライン)
④フリー

 ②のADではAの15人対B全員でやりました。AがAT,BがDFで持ちたい場合はコンタクトバッグを持ち、ホールドありでやりました。ATはボールを持ってから動くのではなく、ボールをもらう前の動きを考えること、またボールキャリアは接点でしっかりドライブをしくい込んで行くことを意識しました。DFは冬合宿からずっとやっているコミュニケーションを取りながらセットアップを速くすることと、前にしっかり上がることを意識しました。練習してきた良いスタートを切ることをセットプレーから活かせている者やDFが苦手な者も一生懸命Aに食らいついていました。
 ③のFWのスクラムではAチーム8人がスクラムマシーンで組み、Bチームは相手なしの8人でコールを聞きながらタイミングを合わせて組むイメージで5歩前に出る「ルーティーン」を繰り返しました。全員でセットの声のどのタイミングで前に出るかの意識を統一してからやるとだんだんとタイミングがそろっていきました。
 また、ラインアウトはAがDF、B全員がATでモールを作りにいく実戦形式でやりました。リモールの練習ではFW8人がラックに入って停滞している状態から、リモールに持って行くまでを相手なしで練習しました。ボールを持った瞬間にモールを作れるよう芯、両エッジ、リップの人間が近寄った状態で、芯になる人間はボールを持ったら前に出ず後ろを向きます(引き倒されないことが目的)。この瞬間に4人が密着することで、相手のタックルを受けた瞬間にモールとなります。仮に芯が引き倒されても、リップの人間がボールを確保している状態をつくります。また、停滞からすぐリモールを作らず、1回ショートラックを作ってからすぐにリモールを作る練習もしていきました。(川)