記事一覧

DF練習

 学年末考査前で門限が早まっているため、今日も学校で練習をしました。
<メニュー>
①DF(2対2,3対3、6対6)
②AT有利の状態でのDF(2対3、3対3)
③ブレイクダウンのリアクション

 ①はATもDFも同じ人数の状況で、正確に相手をノミネートし、DFに行くことを目的としています。
 ②はATは最終局面でトライを取り切るために、2人で相手SOにフラットに仕掛けます。SHは相手DFの来ない方を判断してパスをします。DFはポストとSOです。ポストは相手レシーバーがフラットに仕掛けてくるため、インのブロック(次のDF)になかなかいけません。SOは自分1人で、仕掛けてくる2人をDFしなければなりません。そのため、マークしていない方にパスがいった場合に、体の向きをボールキャリアの方に向ける横の動きが大切になります。そうすることで、つめのDF以外のDFができるようになっていきます。
 明日からも学校で練習を行う予定です。(川)