記事一覧

3月28日(月)合宿最終日

ファイル 709-1.jpgファイル 709-2.jpgファイル 709-3.jpgファイル 709-4.jpg

 今日は富良野高校さんとの合同練習最終日です。教校学園の生徒は午前中は天理教の行事に参加していましたので、午前は富良野高校さんだけのセッションとなりました。
 富良野高校監督の坂口先生より、昨日のアタックディフェンスで出た課題の、ディフェンスのセットアップ・ロータックル・アタックの近場のシェイプを紙谷監督からの指導となりました。
 まず「ロータックル」のドリルは、低いゲートをくぐりながらタックルマシンにタックル→すぐに立ち上がって人間をスイープアウェイするものです。次にディフェンスのセットアップとして、ディフェンスポジションの立つ順番からポジションコール・スタート姿勢・ストレートアップ・インサイドブロック(ガチ)と、細かく丁寧に説明があり、最初と比べて見違えるようなラインの押し上げを習得していました。次に近場のアタックシェイプを同じように細かく丁寧に説明し、これまた最初とは思えないような仕上がりを見せてくれました。最後にタックルされた後のボディーコントロールとボールのプレゼンテーションを確認して午前のセッションを終えました。
 午後は教校学園の生徒と午前中の確認を行い、ユニットを30分やってからアタックディフェンスで最後の確認をやりました。

 この3日間で富良野高校さんはとても伸びたような印象を受けます。この成果はこれからの北海道での試合結果に必ず現れると思います。
 遠い奈良県までわざわざ遠征に来て下さり、3日間も一生懸命な姿で合同練習をして下さった富良野高校さんにはとても感謝と敬意を思わずにはいられません。本当にありがとうございました。
 グランドではいつもニコニコして勉強熱心で練習時間の長い「延長」先生の坂口先生、反対にグランドでは全く笑わない孤高のコーチ・関川先生、そして富良野高校ラグビー部の皆さん、本当にありがとうございました。