記事一覧

1月16日(木)

今日の練習では天理大学ラグビー部の選手7名が来てくださり、コンタクト練習を中心に行いました。練習のテーマを「パワーフット」に決め、相手とコンタクトする際に勇気を出して一歩強く踏むことをテーマにしました。最初にランニングスキルから始め、次に1対1のコンタクト練習で大学生にアタックに入ってもらい、高校生はコンタクトスーツをつけてディフェンスタックルをしました。身体が大きく強い大学生に対して、思い切って身体を当てに行く、最後の接点でのヒットを練習しました。ビビってしまい最後に引いてしまう者、思いきり踏み込み飛ばされる者、大学生相手に接点で勝つ者、様々でした。最後まで勇気を出せず、引いてしまっていた者もいましたが、選手たちにとって良い経験になりました。その後、ダブルタックルの練習をした後、アタックのコンタクト練習をしました。大学生にコンタクトバックを持って壁のように立ってもらい、その空いたスぺ-スを見つけて、ヒット前進する練習をしました。身体を低くしないと飛ばされたり、止まってしまったりしていましたが、選手それぞれがブレイクするために工夫し、身体を低くしたり、足を強く踏み込んだり、スピードを上げたり、ステップを踏んだりしてました。ディフェンスで苦手でタックル練習で勇気を出せなかった選手も、アタックは得意だったりして、思い切って練習をしてました。1日だけですが、かなりコンタクトのスキルが上がりました。有難い一日になりました。