記事一覧

4月17日(金)

ファイル 1762-1.jpegファイル 1762-2.jpegファイル 1762-3.mov

みんなとても良い解答をしてくれて嬉しく思います。頑張って考える事が大切です。1人でも多く解答してくれる事を願っています。

ここでディフェンススキルの整理をしたいと思います。
1.ディフェンスは、相手の動き、ポジショニングをよく見て考え判断し、素早く良いポジショニング(セットアップ)をするところからはじまります。


2.次にガオウセットでロケットスタート(プレッシャー)をかける事が大切です。もしかしたらプレッシャーで相手がミスをするかもしれませんね。


3.良いプレッシャーをかけ、前にディフェンスラインを上げる事が出来れば、そこでタックルスキルが必要になってきます。


4.良いタックルが決まれば、最後にジャッカルorブレイクダウンでターンオーバーを狙います。


ターンオーバー出来なくてもそこからまた、素早いセットアップ、プレッシャー、タックル、ブレイクダウンと繰り返していくわけです。

セットポジション→プレッシャー→タックリング→ブレイクダウン

このサイクルをディフェンスサイクルと呼びます。

ではこの4つのディフェンススキルは、それぞれどのようなトレーニング方法をすれば身につける事が出来るでしょうか。質問でも構いません、沢山の返信待っています。

※写真は以前のものです。

4月17日(金)

生徒がしてくれた解答を一部紹介します。
(T君)
相手をコミットして、ガオーして、腕でスタートして、トラッキングして、タックルして、起き上がるリアクションして、ブレイクダウンでステイorオーバーの判断して、セットアップする
セットポジション
プレッシャー
タックル
ブレイクダウン ではないのか?

(M君)
1つは相手のミスを誘うプレーだと思います。
素早いセットアップから正確にノミネートし、ボールアウトと同時にアップしてプレッシャーをかけます。立ち位置や声などで圧をかけて、相手がミスをしたところですぐ反応し、マイボールにすることができるからです。
もう1つはこれと似てますが、なるべくゲインさせずにディフェンスを継続することです。そうすれば相手が仕方なくキックという選択をすると思うので、それをカウンターしたり、外に出されればマイボールにできると思います。