記事一覧

5月18日(月)

ファイル 1795-1.mov
ファイル 1795-2.mov

  皆さんこんばんは!最近は雨が降ったり、止んだりとゆっくり時間がある時でしか感じない神さまのお働きを感じさせて頂いております。これから気温も上がってきてエアコンが大活躍する季節に入ってきました。そして今日から寮では、いつものフィルターだけでなく、外せるところを外してエアコンの洗浄をしています。今まで見つからなかった埃(ほこり)が見つかり、沢山出てきました。ラグビーもそうですが、日常生活での視野の広さを広げようと考えさせてもらった日になりました。

 さて、視野の広さもそう、ラグビーをする上でアタック、ディフェンス共通になりますが大切なことがあります。それは声です!!「わかってるわ!」という子もいるかもしれませんね。でも本当に大切なんです。ポジションやアタック時、ディフェンス時など場面によって色々な声が出すことができます。試合に出ていなくても、グラウンドの外から出せる声もありますよね!とても大切です。
 私自身、現役時代はWTB(ウイング)だったので、全体が他より見えたのもあり、ディフェンス時なら「あげるぞ!」「こっち足りてない、寄ってきて!」、アタック時なら「ボール回せ!」やサイン名、他にもたくさんの声を出しました。
 声を出すことは、試合だけでは身につかないように思います。普段の練習から、出していくことが重要です。仲間への指摘や盛り上げるための声、自分自身を鼓舞させる声などバリエーションは様々です。よりラグビーが楽しくなります!!
 今は、試合どころか練習も出来ませんが、だからこそ、映像や試合の動画を見ながら、自分のポジションならどんな声を出すか、この人はどんな声を出していたらよかったのかをシミュレーションしてみると、帰ってきたときに、いつもと違ったプレー、景色が待っているのではないでしょうか?ぜひ、ボール触りながら、トレーニングしながら、映像見ながら意識して口に出してみて下さい!!