記事一覧

1月28日(火)

今日は白川グランドでミーティングから始めました。生徒だけで御所戦で出た良い面と悪い面を出し合い、次にどのような練習をするべきかミーティングし、スタッフででた意見と照らし合わせました。しっかり自分たちの反省と通用したことなどを理解していて、今週の課題練習を決めました。その後、ウェイト上半身のトレーニングをしました。

1月25日(土)御所戦

 今日の近畿大会予選、リーグ戦①の御所戦は0-102(前半0-40、後半0-62)で敗れました。ゲーム詳細は「試合結果」からご覧下さい。
 チームとして「最後まで気持ちを切らない」個人として「試合中にこれだけはする」という目標を決め、試合にのぞみました。コンタクトの際に勇気を出して一歩踏み出せるかどうかが気がかりでしたが、1年生も含め、教校のタックルが御所の選手に突き刺さり、繰り返し繰り返し何回も立ち向かっていく姿が見られました。試合中に失敗して悔し泣きする生徒や、大きな相手と戦うチームメイトのその姿に感化されたリザーブメンバーが試合に出てみたいと思い出し、コーチ陣に試合に出してくださいと言いに来る生徒が多く出てきました。結果は負けてしまい、多くのトライを許してしまいましたが、その過程で見せたプレーの懸命さが印象に残った試合となりました。試合で出た課題は多くありますが、一つずつ一つずつクリアしていき、毎日の練習を大切にしていきたいと思います。明日は休みです。

1月24日(金)

本日は白川グランドで練習しました。明日の御所戦を前に緊張して弱気になっている生徒が多いということで、最初に紙谷先生と生徒でミーティングをしました。生徒の正直な意見を聞き、そういう表現も大切だと生徒とやり取りをし、やり取りの中で心がほぐれていき、次第に生徒の顔に笑顔が見られ、チームとして何かをこんなプレーをしなくてはならないという縛りをなくし、チームとしては最後まで気持ちを切らさずやり遂げる事、個人的には「これをする」という目標を決め、試してみようと言っていました。生徒の気持ちが不安から楽しみに変わった瞬間を目の当たりにして、改めて生徒を導くコーチングの大切さに気付きました。その後生徒たちは、確認練習の理解度も高くなり、生徒主体で練習を進めスムーズに進んだ分、少し早めに練習を終えました。

1月23日(木)

今日は雨でグラウンドが使えない状態だったので、ミーティングとウェイトトレーニングをしました。試合前ですので、スピードウェイト、パワーウェイトをしました。身体の使い方が上手い者は、重りを速いスピードでコントロールでき、下半身と上半身の伝動が上手くいき、パワーを生み出せます。出来ない選手はまず、軽い重りのバーでスピードウェイトを行いました。皆ストイックに取り組んでいて、指導している側も勇気をもらいました。練習は早めに切り上げ、18時には終わりました。

1月22日(水)

本日は学校グランドで練習しました。2年生が大掃除だった為、全員が揃うまでタッチフットをしました。全体練習はディフェンスセットアップから始め、インサイドのプレッシャー練習をしました。その後1対1の近い間合い、遠い間合いの練習をし、最後にボールキャリアのヒットドライブ練習をしました。終わるころには、渾身の1対1の練習になり、最初のヒットの接点がどんどん激しくなりました。1年生の宮田陽恵くんは、苦手だったコンタクト練習やディフェンス練習に本気で取り組むようになってからグングン成長してくれています。身体は小さいですが上級生に気合で挑み続け、楽しそうな、また悔しそうな顔をしながら練習に打ち込んでいます。
今週25日に行われる御所戦にビビってしまっている1年生がいる中で、自分の実力を試したがっている1年生が少しづつ増えてきていることに喜びを感じるとともに、毎日の練習を大切にして、ラグビーというスポーツを楽しんでほしいと思います。

1月21日(火)

今日は白川グラウンドで練習しました。グラウンドに着いたものからフリー練習をし、16時15分からランニングスキル練習から始め、次にディフェンスセットアップ練習をしました。ポジショニングの速さと切り返しの速さ、コミュニケーションを多くとることを意識し練習しました。5人のOBの方が来て下さったので、アタックに入ってもらい、ディフェンスの練習もしました。その後ユニットに分かれ、ウェイトトレーニングとユニットスキルの練習をしました。FWはスクラムとラインアウトモールの練習をしました。BKはOBの方とセットプレーからのアタックディフェンスをしていました。ウェイトトレーニングは上半身のプッシュ系ウェイトをしました。

1月20日(月)

今日はまだ冷え込まないうちに、個人スキルなどのフリー練習から行いました。15分ほどフリーをしてから、ランニングスキル練習、その後、コンタクト練習を行いました。コンタクト練習では、ロータックルの入り方、ミドルタックルの入り方を練習し、ローとミドルの使い分け、判断練習も行いました。なかなかすんなりできるので、少しづつ実践に近づけていき、インサイドからのセカンドタックルの練習まで行けました。辞めたい辞めたいとばかり言っていたT君も、凄まじいスピードで凄まじいインパクトでタックル出来るものなので、なんとか続けて、超ハードタックラーになってほしいと思います。その後、アタック練習では、ボールキャリアがフラットに走り込み、ボールキャッチをして、スピードとパワーフット、ドライブを意識して繰り返し練習しました。サポートプレイヤーをつけ、速いサポート、速いテンポでの球出しを練習し、最後にコミュニケーションハンドリング練習をし、ユニットに分かれて終わりました。

1月17日(金)

今日は気温が低く、雨が降っていたことと、体調不良者が多くいたことで、練習は室内でのウェイトトレーニングオンリーにしました。おにぎりを食べてから、ユニットごとに下半身ウェイトと上半身のプルウェイト組、首と腹筋、体幹組に分かれてトレーニングをしました。今日特に追い込んで追い込んでいた選手は、2年生中村勇治くんでした。体幹が弱かった選手でしたが、ポジションをプロップ(スクラムを最前列で組むポジション)にコンバートしてから、身体やコンタクトがメキメキと強くなり、デットリフト130キロ上げられるようになりました。また1年生では、上村真生くんがひたすらに強さを求めてウェイトトレーニングに取り組んでました。股関節は柔らかいですが、体幹が弱く、軽い重りからのスタートで、周りの選手よりできないもどかしさが彼を奮い立たせ、重りは無理をせず、コツコツとほかの選手より1種目のセット数を増やし、オールアウトしておりました。生徒たちにはラグビーが上手くなりたいとの思いだけでなく、身体を強くしたいなど、様々な思いを抱きながら人として強くたくましくなってくれたらと思います。

1月16日(木)

今日の練習では天理大学ラグビー部の選手7名が来てくださり、コンタクト練習を中心に行いました。練習のテーマを「パワーフット」に決め、相手とコンタクトする際に勇気を出して一歩強く踏むことをテーマにしました。最初にランニングスキルから始め、次に1対1のコンタクト練習で大学生にアタックに入ってもらい、高校生はコンタクトスーツをつけてディフェンスタックルをしました。身体が大きく強い大学生に対して、思い切って身体を当てに行く、最後の接点でのヒットを練習しました。ビビってしまい最後に引いてしまう者、思いきり踏み込み飛ばされる者、大学生相手に接点で勝つ者、様々でした。最後まで勇気を出せず、引いてしまっていた者もいましたが、選手たちにとって良い経験になりました。その後、ダブルタックルの練習をした後、アタックのコンタクト練習をしました。大学生にコンタクトバックを持って壁のように立ってもらい、その空いたスぺ-スを見つけて、ヒット前進する練習をしました。身体を低くしないと飛ばされたり、止まってしまったりしていましたが、選手それぞれがブレイクするために工夫し、身体を低くしたり、足を強く踏み込んだり、スピードを上げたり、ステップを踏んだりしてました。ディフェンスで苦手でタックル練習で勇気を出せなかった選手も、アタックは得意だったりして、思い切って練習をしてました。1日だけですが、かなりコンタクトのスキルが上がりました。有難い一日になりました。

1月15日(水)

本日は6限目後に学校てをどりまなびがあった為、17時半から学校グランドで練習しました。小雨の中、コンタクトのアップ肩当てから始め、ヒットのフォームを確認し、キーワードを3つ決め、ひたすらに身体を当て続けました。次に連続して左右ジグザグにコンタクトバックを持った7人に立ってもらい、連続してコンタクトを行いながら、フットワークをし続ける、パワーフットを踏む練習をしました。次に1対1でヒットしその後ドライブをする練習をしました。最後に短時間の間、ひたすらインパクトにこだわってタックルをし続ける練習をして終わりました。練習の中で体を本気でぶつけ合い、悔しがったり、熱くなったり、強さを競い合う生徒たちも生まれ始め、まだまだ全員とは言えませんが、教校ファイターになってきてくれています。また、キャプテンの意向で、明日から朝練を始めます。志願者のみですが、良い志が芽生え始めた良い日になりました。

ページ移動