記事一覧

8月6日(月)合宿2日目 午後

ファイル 1360-1.jpgファイル 1360-2.jpgファイル 1360-3.jpg

 午後からの練習は、ハンドリングの確認から始めました。初心に戻り、アーリーキャッチの重要性を再確認し、ポジショニング・コーリング・キャッチングを意識してのドリルを数種類行いました。
 次に、ハーフからパスをもらって仕掛けるドリルを何種類かやりました。これもアタックシェイプの一番の基礎の部分で、とても重要なスキルですが、相手と接触する間際にモールを受ける場面が多く、ミスにつながりやすいシチュエーションなので、ゲームを意識しながら繰り返しました。
 ハンドリングの最後は、多人数での連続のシェイプで、自分の役割を明確にすること、漂う人(フローター)にならないこと、攻める方向を皆で統一する意識付けを行いました。
 それからユニットに分かれましたが、BKは抜き合いを中心に、FWはボディーコントロールとモールを繰り返しました。1年生はセービングとボールのプレゼンテーションの確認、最後にディフェンスのコースの確認をやりました。
 最高の天気で練習をスタートしたのですが、終わり頃には霧が出て、今にも雨が降りそうになりました。さすが「山の天気となんとやら・・」と言われるだけのことはあります。まだまだおぢばがえりの疲れを抜く目的で練習の強度は低いのですが、選手たちは目を輝かせながら頑張っています。
 また、生活面でも3年生がしっかりしているので、リーダーを中心に細かい心遣いにも注意しながら勇んで生活しています。
 明日からも頑張ってもらいたいです。