記事一覧

11月13日(日)全国予選 準決勝

 今日は全国予選の準決勝で天理高校と対戦しました。温かい気候に恵まれて、選手達も絶好のコンディションでゲームに臨むことができたことが本当にありがたかったです。
 試合は前半から教校学園の低いタックルが刺さりまくり、ディフェンスでしっかりと前に出てプレッシャーを掛けることができ、20分を過ぎるまで0-0の拮抗した展開となりました。それまで何度も相手ゴール前まで攻め込みましたが、あと少しのところでミスが出て、なかなか得点を奪うことができず、逆に天理高校に攻め込まれてディフェンスで粘ったのですがトライを許してしまいました。終了間際に中盤のラインアウトからモールで押し込まれて最後はトライを許し、0-12で前半を終えました。
 後半に入っても一進一退の展開でしたが、何度も攻め込むも得点が奪えず、徐々に天理高校にラインブレイクされる場面が増えて失点を重ね、時間の消耗と共に攻めに攻めたのですが、逆にミスをトライにつながれてしまい、最終的には0-39のスコアで敗れました。
 負けたとは言え、3年生を中心に本当に素晴らしいチームに仕上がり、身体を張った教校学園らしいディフェンスを見せてくれ、下級生も伝統を受け継ぐべくしっかりと目に焼き付けてくれましたので、また来年のチームに向けて今後も努力を続けていきます。
 3年生の皆さん、また、3年生の保護者の皆様、本当にこれまで生徒たちを支えて頂きまして改めて御礼申し上げます。
 スタッフ一同、感謝の気持ちしかありません。本当にありがとうございました。